研究途上のため、転載厳禁
デジタルカメラ・ルーム
2001年まで 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年
2012年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年

2019年8月12・13日ペルセウス座流星群観望会
1週間くらい前の天気予報ではこの頃は台風直撃…
のはずでしたが、絶妙なタイミングで移動速度が遅くなってくれたおかげでなんとか見ることは出来ました。
ただし事前にわかっていた通りに月明あり、加えて雨は降りませんでしたが曇ったり水蒸気の濃度が高めな印象もあったりで月が沈むまではなんとなくぼんやりしたような印象でした。
それでも過去にはかすみ越しの流星とか、月と一緒に流星を取ることも成功していましたので予定通り撮影は実行、結果として6個の群の流星と散在流星一つを撮影することが出来ました。

ペルセ群
散在

撮影しながらカメラのモニターで確認した限りでは群3散在1でしたが、帰ってチェックしたところこの結果となりました。
群だと思っていたうちの二つはどうも人工衛星だったらしく大型のディスプレイで部屋を暗くして探しましたが見つけることが出来ませんでした。
また大きく写っていた散在だと思っていたのはどうやらイリジウムフレアだったようです。
そして今回ははっきり言って何が写ったのかわからないものが一つありました。
人工衛星のようにも見えますが、写っていたのは1枚だけでその前後には無く、かと言って流星としては左右対称で中心部分が変に増光していたり…
たいていのものは拡大して見れば流星なのか人工衛星なのか判別出来るのですが、これはどうしてもわかりませんでした。

と、ここでカメラのこと。
S1Proで撮影を始めた頃はPC制御でカメラを操作する手法でしたが、今ではカメラにインターバル撮影の機能や物によってはタイムラプス的な撮影が出来るものがありますが、やはり効率を考えるとPC制御が便利かなー?
今メインに使っているX-T1ではインターバル撮影機能が内蔵されているのでカメラ単体だけで長時間にわたり撮影し続けることも可能ですが、流星が写ったかどうかを確認するためにはその都度撮影を停止しなければなりません。
加えて写っていたとしてもそのファイルにマーキングすることが出来ないので、帰ってからチェックする段階で全部の画像をチェックして探し出す必要がありますが、これがS5ProまでにやっていたPC制御だとハイパーユーティリティで撮影させ続け、同時に画像ブラウザで撮影した画像をリアルタイムで確認して必要があれば画像ファイル名に記号とかを付け足して探し易くすることも可能、しかも12インチ13インチ以上のディスプレイで見るのは画像が変なふうに強調されやすいカメラの背面モニターで見るよりも遥かに正確に表示される。

カメラメーカー純正じゃ無くてもいいからフジのハイパーユーティリティと同等の機能と使いやすさの制御ソフトがあればすぐにでも導入したいところです。


2019年6月22日・八ヶ岳自然文化園・観望会
6月、梅雨時の天の川を堪能すべく観望会に行ってきました。
条件としては…
・雨が降って大気中のチリを雨が洗い流してくれる
・雨がやんだ後、気温が下がって雲が下がって市街地に蓋をして下界の光を遮断してくれる
・月が出ていない
この条件が揃うと信じられねー!!ってくらいの天の川が楽しめるのですが、結局は中途半端に曇っていた程度でした。
そうなると赤道儀を出して本気出す事もなく、iPhoneのカメラで遊びだすw

ドブソニアン+iPhone
コリメートの木星
iPhoneを手持ちで
ストロボ無し
アプリを使って5秒
露出の手持ち
画面真ん中あたりに
アンタレス
先のアンタレスとモニュ
メント の間くらいに木星
北斗七星 北斗七星を撮っている間に
レーザーを向けたら水蒸気が…
北斗七星も段々と
雲でかすれてきた
       
番外編      
時々オトナもはまる
がしゃぽん
ん? ふぁ? 鹿番長!!何年くらい前のだ???


これだけ曇っているとどうにもならないですからね、そんな時にはめんどくさい事は考えないで遊びましょうw
拡大してみるとどれも微妙にピンぼけ、色もほとんど無くて輝度情報のみ、そのあたりは前回と同じです。
携帯のカメラがどんなに画素数を上げてもレンズの口径が数ミリ程度では一眼レフどころかコンデジにも及ばない画質ですが、こういう片手間に遊ぶには十分に楽しめるアプリケーションです。
AppleのAPPストアで星撮りカメラくん、これは無料アプリですがもうちょっと機能が高い有料版のアプリもあったりしますので興味のある方はこちらからどうぞ…

どうせ最先端な超高額機材で武装しても晴れてなきゃ何も出来ません、そういう条件の時にもそれなりに遊べるのがアウトドアですから。
それに今回は行く途中で鹿に2回遭遇したのでジンクス的にはほぼ諦め状態・・・

さて、前回の観望会で本気出しちゃった画像、同じ機材、同じ撮影方法であそこまで違う写り方をした理由、最終的に大気のシーイングだけが違いの理由だったのではないか、という結論になりました。
何故か?なんてことはどうでもいいです、もしかしたら今年で一番のコンディションだったのかもしれないです。
同じコンディションでM42とかM45とかM31を撮ってみたかったですね〜。


2019年5月 4日・八ヶ岳自然文化園、観望会
元号が新しく令和となって最初の観望会です…が、その前の週にも観望会がありましたが撮影するほどの天気でもなく。
当日はながらく貸し出してあったBORG76の鏡筒が返ってくる予定だったので観望会が終わってから試しに屈折鏡筒で試験的に撮影でもと思っていたのですが…

とりあえず200SSの鏡筒で。 2014年11月に撮影したM51 今回撮影したM51(カメラのディスプレイ)


まだ時間の余裕もあるし観望会に来た人に何か見せられれば、ということでR200SSを赤道儀にのせ、新しく買ったTリングの様子も見る感じでコマコレクターを取り付けてカメラを直焦点でセット、試し撮りしてみたら…
なんかM51があれ?こんなに写る銀河だったか?というような写り方で少々ビビるw

これはカメラのディスプレイで限界まで拡大したものをiPhoneで撮ったものです。
カメラディスプレイで見ると実際の画像よりも輝度やコントラストが強調されて見えることは過去の経験から知ってはいましたが(だからカメラのディスプレイはあまり信用しないでMacを接続してリモート撮影状態にしてMacのディスプレイで確認しながら撮るやり方に今までこだわっていました)、この向きで主星雲の右から下にのびる腕が広く写っています。
また伴星雲の右と上方向に薄くもやもやっとしたイメージで何か写っています。主星雲の腕も見た印象では明らかにもこもこした雰囲気が見て取れました。
とにかく今までに撮ったものとは全然違う印象でした。
露出時間をかえていくつかのパターンで撮影してみましたが、程度の差こそあれ、やはり写っていました。
カメラ側で強調されて表示されているとはいえ、今まで見たことのないものが出ている、ということは明らかにそこにそういうイメージのデータが存在している、ということです。
そこで屈折鏡筒での撮影は今夜は考えないことにし、観望会の最中にも試験的に系外星雲をメインに撮って見て、別の対象に動かしてまた撮って見てを繰り返し、観望会が終わってからは本格的な撮影モードに突入しました。

事の発端となった単一の画像を軽度に処理したもの

左の画像をトリミングしたもの

露出時間の異なる5枚のファイルをコンポジットして画像処理したもの 左の画像をトリミングしたもの
コンポジットした画像の輝度情報を強く強調してどれくらい暗い銀河まで写っているのかを調べた画像
NGCナンバー等に続く小数点以下2位までの数値はそれぞれの等級、18.03等までは確認できました
   

M51の伴星雲の周囲の淡い領域、主星雲の視直径の半分以上もあったんですね…
で、いろいろ撮って見た結果です。

M81とM82 M8 M16 M17 M20
上のM51と同じくNGC等のカタログナンバーに続く数字は等級、この画像では16.21等が限界でした
M57 M57トリミング M87 M87周辺の系外銀河  
M104 M104トリミング M64黒目銀河 M64トリミング M64輝度補正
初めてISO12800を試してみましたが、やはり補正したときに荒れて限界があるのできれいには出来ない
北アメリカ星雲 色情報補正 赤だけ強調 ISO12800、30秒

 

 
アークトゥルス ベガ アンタレス ガリレオ衛星  


基本的に同じ赤道儀、同じ鏡筒とコマコレクター、同じカメラで条件的には2014年の秋に撮影したときとかわらないはずなのですが、どれで確かめてもやはり『よく写っている』印象でした。
いて座周辺の散光星雲では暗黒帯が今までよりもくっきりと写っている印象ですし、M81とM64に関しては共に楕円銀河ではなく渦巻き銀河の構造が見て取れます。

同じ光学系と架台でいつもと同じように極軸を合わせ、同じコントローラーで動かして同じように撮って…
何か違いがあるとしたら撮影の季節と撮影したタイミングでの地平線からの角度くらいでしょうか?よくわかりません。

ところで先日、AppleのAppStoreでちょっとかわったアプリケーションを見つけました。
iPhoneで長時間露出を可能にして星空を撮る、というものです。

ただしちょっとピンぼけ気味?とりあえず天の川も写りましたが、色とか画質は一眼レフのようにあまり期待は出来ない?
とりあえず強調処理してこんな感じでした。




2018年9月にOSのメジャーアップデートが有り、それまでのMacOS10.13から10.14Mojaveについうっかりアップしたところ、サイトを作るオーサリングソフトのGoLive9が全く使えなくなってしまいました。
10.13の時にも10.12と比べてかなり不安定で使い難くなっていましたが、それにトドメを刺してしまったような状態です。
そりゃGoLive9そのものが既にAdobeでも作動対象外でもうアップデートはしないと何年か前からアナウンスしてましたし、これまで使って来れた方がむしろ幸運的な…。

その後、例えばAdobeのDW CCの導入とか…でも年間で10回も使わないアプリケーションに月間2000円のお布施はさすがに高い…他のWebオーサリングソフトを導入とか…フリートライアルで試してみたけど全然使い難い、しかもGoLiveで構築したサイトをそのままインポート出来ない…あるいはパラレルズとかクロスオーバーを使ってウインドウズ版のDWかGoliveをインストールして走らせるとか…でも仮想化の状態でオーサリングソフトのバージョンをサポートしてないとか…ランニングコスト的にも使い易さや慣れで考えても今ひとつ決め手に欠けていたのですが・・・

現母艦のMacProを導入した時、旧母艦のQuickSilverG4改を処分せずに残しておいたのですが、それを復帰させる事にしてみました。
現母艦のメジャーアップ後に一度復帰させてみたのですが、G4改からNAS代わりに使っていたタイムカプセルのディスク領域にアクセス出来ないという事態に陥り諦めていました。

そこでまず、現状では机の上は新旧母艦の本体とサンダーボルトディスプレイがあるので以前使っていたCRTはもう置けない、ということで新しく液晶ディスプレイを購入し、70センチの高さまで調節出来るディスプレイアームを使って液晶2段重ねのレイアウトにして、新旧母艦間でのデータのやり取りはタイムカプセルとは別にNASを設置する事に。

NAS設置後、旧母艦を起動してみると…困った事に以前と同じでLAN接続上のディスクがFinder上では見えているけどどれも開けない。
最初はネットワークの接続上の設定の問題?と思って設定を修正して再起動したり、ネットワーク上のIPアドレスを直接打ち込んで接続しようとしても開けない、NASのメーカーに問い合わせてみたらLANケーブルがダメになっている可能性も有る、と言う事でケーブルを新調するも状況変わらず。

ならばNASがダメならルーターかタイムカプセルにUSBメモリーを挿したままにしてそれをNAS代わりに…と思い付いて試してみると、これがMacProからは普通にアクセス出来るけどG4改からはNASと全く同じ状況。でもUSBメモリーそのものは新旧母艦のどちらのUSBポートに挿しても認識するし開く事も出来る・・・なんでやねん・・

ネット上で色々調べてみてもAppleのフォーラムもググってでてくる解決策もほぼ同じで全く問題解決には至らず。
旧母艦のディスクツールでアクセス権を検証したところ、いくつか問題が見つかるが、アクセス権の修復でもディスクの検証と修復でも問題箇所を修復出来ない。
そうなると予想出来るのは内蔵LANポートに何か問題が発生している、と言う点。
LANカードの新設を考えてパーツを物色していた所、たまたま『LANポートがダメになって…』といったレビューを見かけ、もしやこれか?と思って安易な手段としてLAN-USBアダプターを購入して試してみたところ…

カーネルパニック同然の状態に陥りそれまではLAN上のディスクにアクセス出来ない以外はネットや画面共有などは出来ていたのが出来なくなり、環境設定でのネットワークの設定をしようとするとフリーズして強制終了も出来なくなる始末。
アダプターを外すと正常に戻るのでこれはLAN-USBアダプターに問題が有るなと判断。でも対応OSは問題無かったのに。
こうなるともはやデフォルトで付いていたLANカードに問題が有ると判断するしかない。

最終手段として内蔵PCIスロットの空きに新しくLANカードを設置してそこからブリッジモードのタイムカプセルに接続、内蔵LANポートを物理的に外して無効化する事を試してみる、それでダメなら面倒だけどUSBメモリーでデータをやりとりすると決定、PCIのイーサネットカードを買ってG4改に組み込んで起動した所、LAN上のディスクはあっけなく全て認識、開く事が出来るように。

結果、WebオーサリングのGoLive9が復活、サイト用のファイルNASに置いて新旧母艦からアクセス、現母艦にはコピーを置いて時々同期させてバックアップをとる形に。
そしてサイト内のページも手を加えることが出来るようになりました

ところで旧母艦のG4改、内蔵イーサネットのポートを物理的に外す…ケーブルを抜くとかポートそのものを取り外す、というのはロジックボード上に直接取り付けてあるので不可能でした。
あとアクセス権の問題、あれはどのMacでも同じように検証で見つかるけど、そのまま放置で問題無い、とのことでした。


2019年1月4日・しぶんぎ座流星群
毎年正月の恒例行事、しぶんぎ座流星群です。
ことしは新兵器としてデジタル表示の温度計を・・・
観測結果から言えば今年も大成功でした。
時間帯によって出現の仕方にムラがありましたが、そこはやはり無駄にピークが鋭いしぶんぎ座群ですからねー。